誹謗中傷に対する民事上の追求

誹謗・中傷を行なった本人に対して損害賠償および謝罪広告といったなんらかの

 

ペナルティを追究する場合に、被害者は裁判所へ訴訟を提起して法の決定事項

 

を前述した本人に対して行使することになります。

 
上記提訴を行なったのちに判決が出るまでの間は、一連の誹謗・中傷内容につ

 

いては明確な罰則が発生する以前の状態となってしまうので、ネット上でも放置と

 

なり、権利侵害期間がそのままの状態となってしまいます。

 
この状態が長期間継続されてしまう可能性がある場合には、裁判所に【掲載禁止

 

等の仮処分に対する申請】を差止め請求することができ、暫定的な措置とはなりま

 

すが、訴訟による判決の長期化をひたすら待つよりも迅速に対応することができま

 

す。

 
上記差止め請求の行使によって、早々に仮処分が認定されたケースは多々存在

 

しております。

 
某掲示板に匿名の書き込みによる誹謗・中傷が書き込まれた事について、東京地

 

裁に仮処分の申し立てを行い受理されたものとなっております。

 
その結果、裁判所の書き込み削除命令によって、該当となった誹謗・中傷の書き

 

込み自体は削除されることになりました。

 
なお、民事上の追及というものが設定されており、上記ケースが発覚した場合に

 

民法上責任と刑法上責任の両方のケースを追及することができるようになり、それ

 

らの責任追及としては差し止め請求や損害賠償請求・謝罪広告請求などが該当

 

することになっております。

Comments are closed.