訴訟を起こす前にやっておきたいこと

 

 

日常生活や業務上でも幅広いシーンで何かしらのトラブルに遭遇してしまうことがあります。時には本人の知らない間に嫌がらせなどを受けている場合もあり、現在ではインターネットというものも存在しているために、情報などが拡散しやすい環境にあるために、不遇な状態に陥ってしまった場合では、速やかに加害者に対して何かしらの方法で対処を行うことが必要になります。訴訟などを起こすこともお勧めになり、慰謝料や損害額の算定が少額の場合では、その名の通り、少額訴訟を利用することによって、容易に裁判を起こすことも可能です。しかし、訴訟を起こす前には、一応一つの段階として相手側に書面で通達を行っておくことも良い方法になります。その方法で代表的なものとしては、内容証明になります。これは郵便局で利用することのできるサービスになり、写しのある原稿用紙などを利用することが一般的です。書き方に関しては一定のルールがあるものの、記載する内容に関しては、法律を順守した上では自由に書き込むことができます。そのため、例えば慰謝料などの支払いを希望している方の場合では、この手段を用いて用紙に書き入れることも可能とされています。また、目的としては誰が誰にいつ、どんな内容を送付したのかを記録されるために、一定の効果があるものとして認知されています。

Comments are closed.