警察に届け出る

被害届とはなんらかの犯罪被害を被ってしまった者が警察などの捜査機関に提

 

出する書簡のことをいいます。

 
日本おける上記届の定義ですが、不幸にも被害を被ってしまった関係者が警察

 

を始めとする該当機関を訪れた上で、被害の事実を偽りなく申告することになりま

 

すが、この届けについては警察官が被害者へ事情聴取を行なった上で事実を基

 

に作成するという手法を取る事もできます。

 
なお前述された届けですが、被害者が任意で作成する書面となる為に犯罪詳細

 

の事実を捜査機関に告知して認識させる役割を果たすことになります。

 
そのため、実際に捜査する上での重要なエビデンス書簡として活用されますが、

 

法律的にはなんら効力を発揮するものではなく、あくまで手引書として参考程度

 

の扱いとなってしまいます。

 
起訴事実はあくまで捜査によって明確となった事象の立件を満たすものでないと

 

ならない認識で、被害の事実についてのみ申告するものであり、犯人の起訴を求

 

める内容の網羅はこの届けには含まれておりません。

 
よってこの届けが申請されたとしても、捜査を開始するかどうかの判断は受理を行

 

なった担当警察官、もしくは担当部署に委ねることになり、告発や告訴とは異なり

 

担当警察署長の決裁が不要となる上に警察本部への報告義務もなくなります。

Comments are closed.