管理人やサービス会社に誹謗中傷記事の削除依頼をする

 

近年、インターネットの普及に伴い、ネット上での誹謗中傷が深刻となっています。インターネット上では、顏も名前も出すことはなく、個人の特定は困難なため誹謗中傷はエスカレートしがちです。誹謗中傷のような書き込みは、特定の個人の心を深く傷つけ、取り返しのつかない事態を招いてしまう可能性があります。そのため、もし、このような書き込みを見つけたら削除依頼をする必要があります。
具体的には、書き込み内容を確認したら、それを保存します。そして、その書き込みがあったホームページや掲示板の管理者に対して削除をお願いする連絡をします。この方法は掲示板などによって異なるのでその都度確認が必要です。以上で書き込みは削除されるはずですが、まだ削除されていない場合はサービス会社に依頼します。それでもまだ削除されていない場合は、裁判所や警察、法務局などと連携して書き込みを削除してもらいます。
以上のようにして誹謗中傷記事は削除が可能です。もし、書き込んだ個人を特定したい場合は掲示板などの運営会社からIPアドレスを取得してプロバイダーを特定し、プロバイダーを特定したらプロバイダーの対して情報開示請求訴訟を提訴します。そうすることで個人を特定し、罰することができるかもしれません。

 

Comments are closed.