裁判所で法的措置を取る

 

 

プロバイダ等が削除依頼に応じない場合や、誹謗・中傷をした当核人に損害賠償や謝罪の広告などを求める場合に、裁判所で法的処置を取ることが可能とされています。法的処置の1つとして、掲載禁止の仮処分請求があります。裁判所に訴訟を提訴後に、その判決が出るまでの期間、誹謗・中傷の内容が放置されることで権利の侵害が継続されている期間が長期間に及ぶ恐れがある場合に裁判所に、仮処分を請求することができます。仮処分は、一時的な処置ですが訴訟よりも簡易的・迅速的に目的の達成を行える利点があります。他の処置として民事上の追及があります。これは、ネット上に誹謗・中傷の書き込みが行われた場合に、民法における責任と刑法上の責任を追及することが可能となっています。民事上の責任追及は複数あります。1つが差し止め請求です。差し止め請求は、他人の行為によって権利の侵害をされている場合や、そのおそれがある場合に、その行為をやめさせるように請求することができます。ネット上の書き込みの場合は、その書き込みの削除要求をすることができます。もう1つが損害賠償の請求です。悪質なコメントをした相手方に対し訴訟を起こします。また、悪質なコメントの削除依頼に応じず、それを放置したプロバイダも賠償責任が問われます。

Comments are closed.