誹謗中傷に対する刑事上の追求

 

 

昨今インターネットの各ホームページ上のサイトを読者参加型とした場合に、さまざまな誹謗・中傷の書き込みが発生しております。
そしてそれらの内容が罪状を含めた犯罪行為に該当する場合の措置については加害者に対しての刑法上の責任その他を追及した上でフォローすることができるのです。
上記記述によって刑法上の罪が認められた場合には加害者側に懲役刑や罰金系などの刑事罰が科せられることになりますので注意が必要です。
そして大別して2とおりの内容となるつ罪の種類には2種類あり呼ばれる、公然と事実を適示して人の名誉を毀損する行為が該当となり、ネットが不特定多数の人がアクセスした上で閲覧することも可能なので、罪によって必然要件となる【公然性
】というものが存在しております。
名誉の毀損とは、他人に対しての社会的評価を落とすのは他人の社会的評価を下げるということに繋がります。
上記前提条件として対応する内容と同じく、ネット上での誹謗・中傷となった場合でも【公然性】がキーとなりますのでさまざまな案件の罪状として成立することになります。
名誉棄損罪と侮辱罪との違いについては事実を歪曲しているかどうかによりますので、事実を示して他人の社会的評価を害しようとする場合は名誉棄損として罰せられることになり、個人の評価をとした中傷で社会的評価を下げようとする場合は侮辱罪となります。

Comments are closed.