ネット上で誹謗中傷を受けたらどうしたらいい?

最近インターネット上で誹謗中傷を受けた場合の対処方法が、各業者ホームページで紹介されております。離婚 慰謝料
元々、ネットでも実際でも名誉毀損という名称で扱うことになります。
一般的に被害者の人物が特定できてしまう書き込みの場合には前述した罪状として訴えることは可能となりますが、まずはサイバー警察などへの告訴を行なった上で、民事法における損害賠償請求の訴訟を起こすのが通例であるといえます。

 

 

 

 

当然のことながら有罪となった場合は前科が付きますし、最悪のケースならば懲役刑となりますので謝罪すればそれでヨシみたいな謝罪命令のみで裁判終了とはなりません。

 
とかくネット上の誹謗中傷については、実際に現実社会で遭遇するよりも相手の特定が困難となっており、内容のエビデンスを取って立件させることになるとかなり厳しい状態となってしまいます。

 
こういった著作権法違反とかプライバシー侵害などのケースも含めて、ネット上での誹謗中傷については各地域に活動している弁護士会や大学の法学部、身近なところでは地方公共団体や市役所等で不定期開催している無料法律相談などの利用も視野に入れた上で弁護士に相談するのが一番の解決打開策を策定することができます。

 

mobile01_m